利用規約

株式会社Grand Line(以下、甲とよぶ)は、甲が運営する「ivy-Lオンライン英会話」上で提供する全てのサービス (以下、当サービスとよぶ)を当サービスの申込み希望者および利用者(以下、乙とよぶ)が 利用することに関して以下の利用規約を定め、乙は当サービスの利用をもって利用規約を承諾したものとみなします。乙が未成年の場合は親権者等法定代理人の同意を得ることが必要になります。

第1条(利用規約の範囲及び変更)

1項

利用規約の範囲は、当ウェブページに規定するものに加え、 甲が乙に対して電子メール等を介して発信する情報も含めます。

2項

甲は規約を、甲の都合により乙への通知なしに改定、変更、追加ができるものとします。また変更・改訂された規約は、改定以前、以後に関わらず、乙に対して適用されることを、乙は予め承諾するものとします。

3項

法人契約について本規約とは別に個別の定めを設けた場合においては、本規約と当該個別の定めの内容が異なる場合には、個別の定めの内容が優先して適用されるものとします。

第2条(登録手続)

1項

乙は甲が定める手続きに従って、当サービスの登録申込みをします。 なお、乙は当サービスの登録にあたって、下記の事項を確認し、了承したものとします。

  1. 利用規約の内容について十分に理解し承諾した上で、当サービスに登録すること。
  2. 当サービスを利用する上で必要なパソコン、インターネット環境、ヘッドセット、スカイプについては、乙自身で準備すること。
  3. 氏名、電子メールアドレス、パスワードその他の項目について、真実かつ正確な情報を登録すること。 また登録時に設定したこれらの情報を乙の責任で厳重に保管すること。
  4. 通信環境が当サービスの利用に支障がないことを確認すること。
  5. 甲が定める決済方法により利用料金を支払うこと。
  6. 甲は、乙が登録したスカイプ名をレッスン提供を目的として当サービスの予約ページ等に掲載するということ。
  7. 甲は、サービス品質向上等のため、乙のレッスン内容等を記録、録音、保管するということ。
  8. 甲はサービスを円滑に提供するため、レッスン中にレッスン内容等を確認する場合があること。
  9. 甲は乙に対して当サービスに関する電子メール等による通知、広告、アンケート等を実施することができること。
  10. カスタマーサポートによる応対の品質向上等のため、乙の問い合わせ内容等を記録、録音、保管するということ。

2項

乙による当サービスの登録は、前項の登録手続に対する甲の電子メールによる 承諾の通知をもって完了するものとします。ただし、 甲は乙の代金の支払を甲が確認するまで当サービスの利用を制限できるものとします。

3項

乙が以下のいずれかの事由に該当する場合、甲は乙の登録を承認しない、もしくは登録を取消すことができます。また、支払いを済ませた金額は一切返金しないことといたします。

  1. 乙が本規約に違反した場合。
  2. 乙が第三者に成りすまし登録を行なった場合。
  3. 乙が実際には存在しない場合。
  4. 乙の登録した電子メールアドレス、スカイプ名等が有効でないと判断した場合。
  5. 乙の登録情報に、虚偽記載、過誤または記入漏れがある場合。
  6. 乙が既に当サービスに登録している場合。
  7. 乙が過去に甲により登録の承認を拒否、または登録の承認を取り消されている場合。
  8. 乙が登録したクレジットカード、銀行口座またはその他の決済サービスについて利用停止処分等が行われ有効でない場合。
  9. 乙が破産、再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算開始及び特別調停手続の申立等を受けたとき。
  10. 乙が仮差押、仮処分、差押、競売申請、強制執行、租税滞納処分等を受けたとき。
  11. 乙が過去に代金の支払いを怠った事実が存在する場合。
  12. 乙が未成年、成年被後見人、被保佐人、被補助人の何れかに該当するにも係わらず、 親権者等法定代理人の同意を得ずに登録している場合。
  13. 乙が第11条に定める禁止事由を行った場合。
  14. その他、甲が乙による当サービスの利用を不適切と判断した場合。

4項

前項において、甲が何らかの損害を被った場合、乙は甲に対して損害の賠償をしなければならないものとします。

5項

乙が本条第3項1、2、3、4、13号に定める事由に該当することを理由に、甲により登録の承認を拒否、または登録の承認を取り消された場合、甲は乙に1回につき拾万円を請求いたします。この賠償責任は乙の退会後も有効といたします。

6項

乙は甲に届け出た登録情報の内容に追加・変更等があった場合、 遅滞なく登録情報の変更手続きを行うものとします。 甲は乙が登録情報の変更を怠ったことにより生じた乙の不利益、 その他の負担に関しては一切の責任を負わないものとします。

7項

パスワード等は、乙が厳重に管理しなければなりません。甲は、ログイン時に入力されたパスワード等と登録されたパスワード等との一致をもって当サービスの利用が乙本人によるものであるとみなすことができます。

8項

乙は、パスワード等を第三者に使用させてはなりません。また、第三者への譲渡、貸与等を行ってはなりません。

9項

乙は、パスワード等を失念した場合または第三者に不正に使用されている疑いがある場合、甲に対して、速やかに連絡を行い、指示等に従わなければなりません。なお、乙は、同連絡等を遅滞したことにより生じるすべての損害等を賠償する義務を負うものとします。

第3条(登録情報の変更)

1項

乙は、自身の登録情報に変更の必要性が生じた場合、甲が定める手段によって遅滞なく登録情報の変更手続きをするものとします。乙が同変更手続きを遅滞したことにより損害等を被った場合でも、同損害に対して、甲は一切責任を負わないものとします。

2項

乙が第4条1項1号の方法により支払いを行っている場合において、乙がポイント購入料金の支払いの停止を希望する場合、乙は自らの責任において、遅滞なく支払いの停止手続きをするものとします。乙が同手続きを遅滞したことにより損害等を被った場合でも、同損害に対して、甲は一切責任を負わないものとします。

第4条(サービスの利用方法)

1項

乙は甲が別途定めるポイント購入料金を以下の方法で支払うことで当サービスを有効期間にわたり利用することができます。ただし、第5条に定める無料体験レッスンについてはこの限りではありません。

1.毎月定額コース

  1. 乙選択のポイントの購入料金をクレジットカードまたはその他決済サービスにより支払います。購入ポイントの有効期限は1ヶ月となります。
  2. 当該支払方法により当サービスを利用する場合、利用可能期間は、当利用規約第12条に定める休会または第13条に定める退会手続きを行わない限り、毎利用月、同利用料金にて自動で更新されるものとします。

2.その都度ポイント購入コース(ポイント有効期限1ヶ月)

  1. 乙選択のポイントの購入料金をクレジットカード、銀行振込みまたはその他決済サービスにより支払います。購入ポイントの有効期限は1ヶ月となります。

2項

乙が前項1号による支払いを行った後、第12条に定める休会手続きもしくは第13条に定める退会手続きを行わない場合は、当サービスの利用を継続する意思があるものとみなし、支払い日から1ヵ月後のポイント有効期間満了日に行われる同料金の支払いにて継続的にユーザー登録が更新されるものとします。

3項

乙が本条1項各号に定める手続きにより利用料金の支払を済ませ、1ヶ月後のポイント有効期間が経過した後、引き続き当サービスを利用するには、乙は再度利用料金を支払う必要があります。なお、同支払いを行わない場合は、当利用規約第12条に定める休会扱いとなります。

4項

前項の規定にかかわらず、下記の場合は利用料金返還期間として利用料金を下記のように返金をおこなうものとします。

乙が当サービスの利用のためのポイント購入料金を本条1項各号に定める方法にて支払った後、甲が乙の支払いを確認した日から起算して15日以内に乙が甲に対して第13条の定めにより退会の意思表示を行い、かつ、返金依頼の意思表示を行った場合は、乙により支払われたポイント購入料金のうち残存ポイント数に対応する部分を計算した金額から返金手数料壱千円を差し引いた金額を返金をおこなうものとします。

5項

甲は乙への一貫性のあるサービスを提供するため、レッスンで得られた情報を記録いたします。

6項

前項で得られた情報には乙の個人情報が含まれる場合があります。

7項

甲が本条5項、6項で得た情報は、乙へのサービス提供のみに用います。

8項

甲は円滑なサービス提供のため、提供するサービスの監視を行うことがあります。 乙は自身が参加するレッスンを、甲によって監視されている可能性があることに予め同意し了承するものとします。

9項

乙は本利用規約第2条2項にもとづき乙の当サービスの登録を甲が承諾した日より当サービスを利用することができます。

10項

乙は利用規約第2条3項または第13条の定めにより当サービスの利用が停止されます。 ただし第2条3項の事由によるサービスの停止の場合は甲が乙にサービスの停止を通知した時点でサービスの停止日とし、 第13条の事由によるサービスの停止の場合は乙が退会を通知した月の最終日をサービスの停止日とします。

11項

前項の規定にかかわらず、甲の業務上の都合により退会手続完了が反映されるまで一定の時間がかかる場合があり、乙はこれを承諾するものとします。

第5条(無料体験レッスン)

1項

乙は、サービスへの登録が完了した日より、無料会員として甲が定める回数分の無料体験レッスンを受講することができます。

2項

乙は、無料体験レッスン受講中も、当利用規約を遵守する義務を負います。

第6条(レッスンの実施)

1項

1レッスンは25分間とします。

2項

乙がレッスンの開始時刻の経過後、甲または当該レッスンを担当する講師(以下、「担当講師」という)からの問いかけに応答しない場合、レッスンの開始時刻から10分が経過した時点で、甲は、乙がレッスンを欠席したものとみなし、当該レッスンを終了することができるものとします。

3項

乙は、レッスンの受講をキャンセルする場合、甲に対して、当該レッスン開始時刻の1時間前までに当ウェブ上でキャンセルの手続きを行わなければなりません。なお、キャンセルの手続きは、甲が定める手段にて行われるものとします。

4項

甲は、乙がレッスンへの無断欠席を繰り返し行った場合、乙に対して、警告、改善指示等を行うことができるものとします。なお、同指示等に従わない場合、甲は、乙に対して、当利用規約第2条3項の処分等を行うことができるものとします。

第7条(レッスンの予約)

1項

乙は、レッスンの受講日時および担当講師を当該レッスンの開始日時の45分前までに予約しなければなりません。

2項

前項の予約は、当ウェブ上の乙の予約状況に、当該予約が反映された時点で成立するものとします。

3項

甲は、本条第1項の予約について、やむを得ない事由により担当講師によるレッスンの実施ができない場合、別の講師によるレッスンの実施(以下「代講」という)または当該レッスンのキャンセルを行うことができるものとします。

4項

乙は、レッスンが代講になる場合、当該レッスンの開始時刻の5分前までに当ウェブ上でキャンセルの手続きを行うことにより、当該レッスンをキャンセルすることができるものとします。

第8条(Skypeの利用)

レッスンは、Skypeが提供するサービスを利用して提供されます。乙は、Skypeの利用に際し、下記の内容について同意しなければなりません。

  1. Skypeの提示する各規約、ガイドラインを遵守すること。
  2. 当サービスの利用前までにSkypeをダウンロード、インストールし、機能等について確認すること。
  3. Skypeのダウンロード、インストール、設定、使用等について、すべて自己の責任と費用において行うこと。
  4. レッスン開始後に発生したSkypeの機能の不具合等について、甲が一切責任を負わないこと。
  5. Skypeのチャット機能などを通じて講師から送られてきたファイルを受信する場合または当ウェブ以外のURLを開く場合、すべて自己の責任で行うこと。
  6. Skypeが提供するサービスに関する相談、問い合わせ等について、甲が一切対応する義務を負わないこと。

第9条(サービスの一時中断・停止)

1項

甲は、自然災害、停電、国内外の政治情勢、労働争議、スカイプの障害等、甲の責任によらない事由により当サービスの提供が困難と判断した場合、当サービスの一時中断もしくは停止を事前もしくは事後にウェブサイトもしくは 電子メールでの通知をもって行うことができ、当該事由に起因して乙に損害が発生した場合も、一切の責任を負わないものとします。

2項

甲はフィリピンの祝祭日を理由としたサービスの中断、提供レッスン数の減少を、事前にウェブサイトもしくは電子メールでの連絡をもって行うことができるものとします。

第10条(免責事由)

1項

乙は下記に定める事項に起因または関連して生じた一切の損害について、甲が賠償責任を負わないことに同意します。

  1. 乙が当サービス利用時に、コンピューター・回線・ソフトウェアにコンピューターウイルスが感染したこと等によるあらゆる損害
  2. 当サービスに使用するソフト・配信ファイルの、レッスン中・レッスン外の使用で発生したあらゆる損害
  3. 乙の送信したデータへの不正アクセス等がなされたことによるあらゆる損害
  4. 当サービス利用時における第三者による行為・発言等に起因する損害
  5. 当サービス利用時に、乙による違法又は公序良俗に反する行為、誹謗中傷等に起因して生じたトラブルによる損害
  6. 乙が当サービスを通じて伝えた情報に起因するあらゆる損害
  7. 当サービスの利用に際して乙が十分な利用が出来なかった場合でも、以下に該当・起因する場合
    1. フィリピン側の停電・自然災害等による提供可能レッスン数の急減により、提供レッスン数が不足している状況が生じた場合
    2. フィリピン側の停電・自然災害等により、予定していた講師が変更となった場合
    3. 生徒様数の急増に伴い、提供レッスン数が不足している状況が生じた場合
    4. 希望する時間帯のレッスンが予約できない状況が生じた場合
    5. 特定の講師についてレッスンが予約できない状況が生じた場合
    6. フィリピンでの停電・自然災害等によりレッスンを中止せざるを得ない状況が生じた場合
  8. 当サービスから得られる学習効果等
  9. 当サービスを利用できなかったことにより発生したあらゆる損害
  10. その他、当サービスに関連するあらゆる損害

第11条(禁止事由)

1項

乙は当サービスの利用に際して、以下の行為、またはそのおそれのある行為を行ってはならないものといたします。

  1. 甲の有する所有権、著作権を含む一切の知的財産権等の権利を侵害する行為
  2. 当サービスを甲の承認なく、営利目的の事業およびその準備、その他営業活動等に利用することを目的とした一切の行為。
  3. 一般に開示されていない甲の機密情報を詮索しようとする行為。
  4. 当サービスの他の利用者の情報を詮索しようとする行為。
  5. 当サービスを利用する権利を、甲の承認なく、売買、譲渡、貸与する等の行為。
  6. 当サービスの運営の妨げとなるような行為。
  7. 違法行為、または公序良俗に反する行為、もしくはそのおそれのある行為。
  8. 他者に違法行為を勧誘または助長する行為。
  9. 甲または第三者を含む他者に経済的・精神的損害、不利益を与える行為。
  10. 講師へのハラスメント行為。なお、ハラスメント行為か否かの認定は甲の判断により行うものといたします。
  11. 乙またはその代理人が、当サービスを介することなく講師と個人的に接触しようとする行為。
  12. 講師に甲の競合となりうるサービス・企業での勤務、若しくは当サービスを介さない個人的なレッスン等を勧誘する行為。
  13. 複数の生徒様でひとつのアカウントを共有する行為。
  14. 無料体験を2回以上利用しようとする行為。
  15. その他、甲が不適当と判断する行為。

2項

前項の場合において、甲が被ったあらゆる損害について、乙は甲に対して全額損害の賠償をしなければならないものとします。

3項

乙が本条第1項第2、3、4、6、10、11、12号に定めた行為を行ったことにより、以下の状況が発生した場合には、該当する講師1名につき乙は甲に参百万円を賠償するものとします。この賠償責任は乙が退会した後においても有効といたします。

  1. 講師が甲の競合となりうるサービス・企業にて働きはじめた場合。
  2. 講師が甲にて実質的に働かなくなった場合。
  3. 講師が当サービスの利用者に対して甲の競合となりうる個人的なレッスンの提供を開始した場合。

第12条(休会)

1項

休会とは、一時的に当サービスの利用を停止することをいいます。

2項

乙は、甲が定める手段により休会の手続きを行うものとします。なお、甲が乙の休会申請を確認し、休会手続きを完了した旨を電子メール等で送信した時点で休会手続きの完了とします。

3項

休会後、当サービスの利用再開を希望する場合、乙は、甲が定める手段により利用再開手続きを行うものとします。

4項

乙が第4条1項2号の方法により支払いを行っている場合、休会について、下記の条件を優先して適用します。

  1. ポイント有効期間の満了日までに次回のポイント購入料金の支払がなされない場合、有効期間満了日の翌日より自動で休会となります。
  2. ポイントが残っている場合、前項に定める利用再開後のポイントとして繰り越すことができます(以下、「繰り越し」という)。繰り越しは、最大90日まで可能です。
  3. 前号の期間の満了までに乙より次回のポイント購入料金の支払いがなかった場合、甲は、当該繰り越しのポイントを消滅させることができるものとします。

第13条(退会)

1項

退会とは、当サービスの利用を停止し、登録情報を削除することをいいます。乙は、利用月の終了をもって退会が完了し、会員資格を喪失するものとします。

2項

乙は、甲が定める手段にて退会申請を行うものとします。なお、甲が退会申請を確認し、手続きを完了した旨を電子メール等で送信した時点で退会手続きの完了とします。

3項

乙の登録情報は、乙からの特段の申し出がない限り、退会後甲が定める期間をもって削除されるものとします。

4項

乙は、退会が完了した場合、会員資格を喪失した時点をもって当サービスの一切の権利を失うものとし、甲に対していかなる請求も行うことができないものとします。また、残存している有効ポイントについても会員資格を喪失した時点で自動的に消滅するものとします。

5項

乙は、自身の行為等に起因して甲または第三者に損害が生じた場合、会員資格を喪失した後であっても、すべての法的責任を負うものとし、いかなる場合も甲を免責するものとします。

第14条(個人情報の取り扱い)

1項

甲は乙の登録情報を甲が別途規定するプライバシーポリシーに則って管理するものとします。ただし、以下に定める場合につき、乙の登録情報を第三者に提供・開示する場合があります。

  1. 乙の同意が得られた場合
  2. 法令などにより公的機関により甲が開示を求められた場合
  3. アルファベット表記で登録されたニックネームを当サービスの予約ページ等に掲載する場合

2項

乙は登録した情報を厳重に管理・保管するものとします。乙による登録情報の失念、 消失および登録情報の管理の不徹底による損害の責任は乙が負うものとし、 甲は一切の責任を負いません。また乙は自己の登録情報が他者によって不正利用されていることを知った場合、 ただちに甲にその旨を連絡し、甲の指示に従うものとします。

第15条(著作権および知的財産等)

1項

当サービスを構成する素材(文字、画像、映像、音声等)、商標、記載等についての一切の権利(著作権、知的財産権、所有権)は全て甲に帰属しており、乙はこれらの権利を侵害する一切の行為をしてはならないものとします。

2項

乙が前項に反したことにより問題が生じた場合、乙は自己の費用と責任をもって問題を解決するものとし、甲に対してはいかなる損害・不利益も与えないものとします。

第16条(準拠法)

本規約の準拠法は日本法とします。

第17条(協議事項及び管轄裁判所)

1項

当サービスに関連して甲、乙、第三者の間で疑義・問題が生じた場合、当事者間において誠意をもって協議し解決を図るものとします。

2項

前項の協議によっても疑義・問題が解決しない場合、甲の本店所在地を管轄する裁判所をもって、専属的合意管轄裁判所とします。

第18条(利用規約の変更)

甲は乙の了承を得ることなく利用規約を変更することができるものとします。 変更後の利用規約はウェブ上に表示した時点で効力を生じるものとし、乙はその効力を予め了承するものとします。

付則 本規約は2011年10月5日より実施いたします。
付則 本規約は2014年6月20日に改定しました。

お問い合わせ
Skypeでのお問い合わせ

サポート受付時間(日本語で対応いたします)

平日 / 土日祝日 18:00 - 22:00
上記時間外につきましてはメールでのお問い合わせをご利用ください。
メールでのお問い合わせ
お問い合わせはこちら ※21時以降は返信が翌日となる場合がございます
Q&A
よくある質問